« 2006.03.07(火)晴れ 娘の発熱と入力作業 | トップページ | Yahoo!ニュース - impress Watch - ココログ、会員向けサービスでログインなどができない障害が発生 »

2006年3月 8日 (水)

ジョヴァンニ/沢田研二vs三上博史

★三上君のファンクラブからメールが来た。

★三上君のジョバンニは蜷川さんなのね。

★15年越しのラブコールだとか。
蜷川さんも、三上さんの魅力にハマっていたのですね。


2006年2月18日スポーツ報知より

三上博史、 初蜷川作品 15年越しラブコールに応えた

俳優の三上博史(43)が蜷川幸雄さん(70)演出の舞台に初出演することが17日、分かった。
ジョン・フォード原作の「あわれ彼女は娼婦」(7月6~30日・bunkamuraシアターコクーンほか)で、テーマは近親相姦(そうかん)。
三上演じる兄・ジョヴァンニと深津絵里(33)が演じる妹・アナベラとの禁断の愛を描く。
蜷川さんの15年越しのラブコールに三上が応えた。“世界のニナガワ”とのコンビで演劇界に新しい風を起こす。

 “世界のニナガワ”と三上博史が強力タッグを組む。7月にシアターコクーンで上演される「あわれ彼女は娼婦」で三上が主演を務めることになった。

蜷川幸雄さんの15年越しのラブコールにようやく応えた格好になる。

「もうずっと前から一緒に仕事しようと言っていたのに、逃げまくるんだよ。頭にくるよね」。
蜷川さんは三上の出演映画、ドラマなどを見てラブコールを送り続けていた。
一昨年、昨年と三上はロックミュージカル「ヘドウィク・アンド・アングリーインチ」に主演し、ロック歌手を目指した少年が、性転換手術に失敗して苦悩する人生を熱演。
それを見た蜷川さんが楽屋に押しかけて出演を迫った。

「創造力、演技力、歌が絶妙だった。無理やり押し倒したようなものだよ」。
三上は「舞台出演に憶病になっていた。
荷が重過ぎると思ったし怖かった。
でも『ヘドウィク―』では開き直って自分のメソッドをすべてぶち込んでやった」と手応えを感じたこともあり“コンビ結成”が実現した。

「あわれ―」はシェークスピアと同じ時代を生きた英国の劇作家ジョン・フォード作の戯曲でテーマは近親相姦。
伊パルマを舞台に、三上演じる兄・ジョバンニは、深津絵里演じるその妹・アナベラに想いを寄せる。実の兄妹の恋愛はグロさのある悲劇になっている。

蜷川さんはすでにパルマに行き、構想を練り始めている。「近親相姦だけど、美しく、清潔感がある、なおかつ肉の香りがするものにしたい」と話した。
鬼の演出で知られる蜷川さんだが「もう灰皿は投げない。粘り強くやる」と意気込む。
一方の三上は「灰皿が飛んできたほうがうれしいですよ」と期待に応えようと必死だ。

「最近の風潮でテレビの影響だけど、(芝居に)笑いに来る人が多くなった。笑われる芝居ばかり。
今回は笑われなくてもストレートに見せるものにしたい」と蜷川さんは真剣勝負を口にした。
将来、三上を連れて、ロンドン、ニューヨーク公演の構想も口にしたが、まずは、シアターコクーンで旋風を巻き起こす。

|

« 2006.03.07(火)晴れ 娘の発熱と入力作業 | トップページ | Yahoo!ニュース - impress Watch - ココログ、会員向けサービスでログインなどができない障害が発生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

三上博史さんの大ファンです。

もし今時間が巻き戻るならば観てみたい舞台が
「あわれ彼女は娼婦」
そして
「ヘドウィク・アンド・アングリーインチ」
「三文オペラ」
です(>_<)


三上さんの舞台観れた方が心から羨ましいですsign04(>_<)

投稿: あずはる | 2013年11月17日 (日) 08:02

コメントテスト

投稿: masy | 2006年3月10日 (金) 16:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2006.03.07(火)晴れ 娘の発熱と入力作業 | トップページ | Yahoo!ニュース - impress Watch - ココログ、会員向けサービスでログインなどができない障害が発生 »